archange by anyhow

埼玉県川口市にある美容室archange by anyhow-アルカンジュ-のオフィシャルサイト 埼玉県川口市にある美容室archange by anyhow-アルカンジュ-のオフィシャルサイト

川口市 美容室 archange【黒染め 美容院 メリット】

【黒染めって、美容室でやった方がいいんですか?】

長期休みがおわって黒くする方、

学校で実習があって暗めにしなくてはいけない方、

そのほか、何かの理由があって黒染めしなくてはいけない方、、、、

よく質問されます。

 

 

結論から言うと【今後、明るくする予定がなくて】【仕上がりがパサついたり、ごわごわしても気にしない】【カラスのように真っ黒になっても大丈夫】

という方は、ホームカラーでもいいと思います。

でも【痛むのが嫌】【真っ黒というか自然な黒・または濃いブラウンにしたい】【少し経ったらまた明るくする予定】

という方は、美容室で染めることをお勧めします(^^♪

そもそも【市販のカラー剤は痛む】と言われていますが、いったいなぜ痛むのでしょうか?

市販のカラー剤は、美容室のカラー剤に比べて、アルカリ性が強く(Phが高い)、色素も多く入っています。

【この髪質だったら、染まりやすいから少し弱めの薬にしよう】とか、

【この人はしっかり染めたいけど、毛先が少し痛んでいるので、そこだけ薬をかえよう】とか、、、

私たち、美容師だったらお客様の髪質を見て判断して、薬剤を調合するところを、市販のカラーは【誰でもしっかり染まるようにできている】ので傷んでしまうんですね

5の力で、染まるものに10の力をつかったら、やっぱりダメージはおおきいですよね?

—————————————————————————————————————–

また、市販のカラー剤で黒染めした後、また明るくしたい!!と数か月後にご来店されるお客様いらっしゃいます。

【一回、自分で染めてみたんだけど、なんだかうまくいかなくて・・・・・】

そうおっしゃるお客様のほとんどが、数か月で伸びた部分が明るくなり、毛先の黒染めが残っている部分はあかるくならない、

いわゆる【逆プリン】状態です。

逆プリン

また、セルフカラーだと、どうしても薬剤と府が難しく、塗りムラがになってしまいます。

そのせいで、次にカラーするときに明るい所、暗い所が出てしまうんですね(´・ω・)

上記のようになってしまった場合、暗い所を脱染剤やブリーチ剤で黒染めの色抜き、また新たにそこに色をたす、という作業をしなければなりません。

髪の毛が傷んでしまうのはもちろん、2回も3回もカラーをすることになりますので、お財布にもキビしいですよね。。。。。

以上のことを踏まえると、やっぱり、【カラーは美容室でした方がいいかなー】と思います。

 

迷ってしまったら、ぜひご相談ください!

archange一同、笑顔でおまちしております( *´艸`)

 

 

 

 

コメントを残す