こんにちは!
今回はトリートメントの使用についてご紹介します
これからのシーズン紫外線などで髪の毛がパサつく事があると思いますが
正しいトリートメント使用をしていき髪を艶やかにしていきましょう

トリートメント剤を塗布する
トリートメント剤は毛先を中心に塗布していきます。ダメージを受けている部分は髪の根元よりも毛先のほうが多いからです。また、髪の根元にトリートメント剤を塗布すると髪が重くなりがちです。
シャンプーをしっかりすすいだら、毛束を軽くつかんで水分を絞ります。水分が多いとトリートメント剤の油分をはじいてしまいます。軽くタオルドライすればベターです。

トリートメント剤の用量を確認して手のひらに広げます。
キューティクルの隙間に浸透させるイメージで、押し込むように塗布していきます。この時力を入れて揉み込まないように。髪の短い方はつまむような感じで塗布していくといいでしょう。
トリートメント剤を髪全体にいきわたらせるために、目の粗いコームなどを使うのもいいでしょう。その場合コームは髪と直角に立てて、軽くとかしていきます。

トリートメント剤を浸透させる
トリートメント剤を塗布し終わったら、熱いお湯でぬらして絞ったタオルを髪に巻いて蒸しましょう。髪の毛は蒸されることでキューティクルが開いて、トリートメント剤が髪の毛の内部に浸透しやすくなります。
タオルをぬらすお湯は、できるだけ高い温度にし、ぬらした後はしっかり絞りましょう。蒸らす時間は5分間です。5分以上蒸らしても効果は変わりません。

蒸らしながら湯船に浸かれば体も温まり頭皮の血行も良くなります。湯船のお湯の蒸気でも蒸されるのでさらに効果的です。

トリートメント剤をすすぐ
5分間蒸らしてトリートメント剤が浸透したら流します。髪がパサついているのでトリートメント剤を残そうと、すすぎを軽く終わらせてしまう方がいますが、トリートメント剤のつけすぎと同じようにトラブルの原因となります。しっかりすすいでください。
では、すすぐのはどの程度までやればいいのかというと、指が通らなくなる一歩手前までが目安です。

なお、トリートメント剤をつけたのは髪の毛ですが、すすぐのは頭皮(地肌)です。髪を掻き分けながら頭皮(地肌)にシャワーを当てて流しましょう。トリートメント剤は自然と流れていきます。