最近話題の湯シャンプー!!

芸能人の方でも タ○リさん Y○uさん 福○雅治さんなんかも実践されてるみたいですね!

 

まず、はじめに

シャンプーやコンディショナーを使わずに、お湯だけで洗髪する。

その名も湯シャン

湯シャンが若者の間で流行なんですね :-) 

最近では若い方でも抜け毛を気にされているみたい→その原因がシャンプーやリンスなどが原因とされてる事から・・・

頭が臭くなったり汚れが残っていそう不潔なイメージがありますが、とくにシャンプーやリンスを使わないことで

皮脂でベタついたり、ギラギラすることもないようです。

逆に、、髪に艶が出て、髪が太くなったし抜け毛も減った

心配していた臭いもないとのこと。

 

湯シャンとは、シャンプートリートメントなどを使用せずまたはぬるいお湯のみ髪や皮脂汚れを落とす洗い方です。

湯シャンの目的は、シャンプーで落としすぎていたであろう皮脂を残し、頭皮や髪が本来持つバリア機能などを取り戻すこと。

湯シャンで唯一必要な、お湯そのものにも洗浄力があります。

また、もっとも落とす必要がある皮脂などはでほとんど落とすことができます。

お湯の温度が高くなるほど洗浄力が上がり、40度以上になるとシャンプーと同じレベルの洗浄力を発揮します。

そのため、湯シャンを実践するときは皮脂を落とし過ぎないよう、温度を低めに設定する必要があります!!

 

湯シャンのメリットとは、一体何があるのでしょうか。

有力な効果を、2つ紹介します。

1.頭皮への刺激が軽減

前述の通り、8割の汚れはお湯だけで落ちているといわれています。

頭の汚れ自体、お湯で8割方落ちるといわれているので、毎日シャンプーを使わなくても潔清でいられます。

シャンプーの洗浄成分を控えて、お湯だけで洗髪をすることで、頭皮への刺激が軽減されます。

そして、頭皮が分厚く戻り、毛が深く根をはれるようになるのです。

シャンプーや石鹸は、皮脂や汚れだけでなく「皮膚常在菌」と呼ばれる、皮膚を守る働きを持つ細菌まで洗い落としてしまいます。

これが、ウイルスアレルゲンの侵入の原因にもなるといわれています。

2.頭皮の活性化

市販のシャンプー剤を使わないことで、頭皮は活性化し、髪が保護されます。

湯シャンを続けると、頭皮や髪に必要な皮脂保湿成分が、洗い流されずに残ります。

そうすると、以前なら皮脂分泌のために消費していた栄養などが髪に供給され、頭皮が活性化するのです。

今までよりも、数倍頭皮が活性化するともいわれています。

市販のシャンプーに含まれる石油系の界面活性剤は、頭皮や髪を傷めてしまう可能性が高く、それらを使わないことで頭皮や髪を保護できるのです。

しかし、デメリットも存在するようです。

湯シャンにしてからは、シャンプー剤の成分によるコーテイングがない状態となります。

そのため、髪にホコリが付きやすくなってしまう可能性があるようです。

 

正しい方法

いきなりお湯だけにせず、徐々にお湯のみに切り替えても、問題はありません。

シャンプーの使用を止めると、初めのころは髪のベタつきニオイが気になることがあるそうです。

そのため、汗をかきやすい夏よりも、のほうが始める時期としては適しています。

余分な皮脂を落ちやすくし、髪をからまりにくくするため、男女ともに髪を洗う前には必ずブラッシングを行いましょう。

ブラッシングなどが少しポイントになってくると思います

36〜38℃のぬるま湯が、頭皮に刺激を与えず、適度な皮脂を洗い落とす最適の温度なのだそうです。

シャンプー剤を使わない代わりに、時間をかけて丁寧に髪を洗うことが大切です。

rankingshare-15ec52e0968a11e4a33d06f78209233f4efcf43bb1fcb11a3d-480x240